以前芸人の光浦靖子さんが、歯のくいしばり防止でマウスピースを付けたら、顔のエラのところに付いていた筋肉が取れて顔がスッキリしてきた、と言っていたんです。

それを聞いた歯ぎしりのひどい私は、すぐに歯医者さんに行ってマウスピースを作ってもらいました。

かれこれ1年くらい前のことでしょうか。

正直、あごがスッキリしてきたかどうか全然わからないし、人から「スッキリしてきたね」とか言われないので、多分変わっていないと思います…

しかも私の場合、マウスピースを付けても歯をくいしばっているような気がしています。

朝起きたときのあごの疲労感。

歯ぎしり、くいしばり、覚えてないけどしているのかも。


それに最近は、年齢のせいもあって頬のたるみも気になってきました。

歯ぎしりする人はたるみやすいって言うし。


やっぱり頬にたるみがあるとブサイクに見えのか!と危機感を持って 美人に見られたければ顔の「下半分」を鍛えなさい! を読んでみました。



なんと、食いしばりを放っておくとブス顔、ブス肌になる!と書かれているではありませんか!

エラが横に張り出していたり、頬が下がってきたら、食いしばりグセがあるかもしれません。
食いしばるその瞬間には、100kg以上の力がかかるというから驚きです。そんな力が歯にかかると、歯が削れて知覚過敏になったりしますし、歯の高さが変わるので長い期間放っておくと、関節の位置も変わります。すると、筋肉の機能が落ちるので、頬がたれたり、ほうれい線が深くなるなど、せっかく美人顔トレーニングをしていても、ブス顔へまっしぐらです。

ブス顔まっしぐらは避けなければ。


顔を下げる硬い筋肉をほぐすには、モダイオラス&咬筋マッサージが効くそうです。

モダイオラス…口角の横で、ほうれい線の延長線上にある場所。顔筋の始点終点が集まっている。

咬筋…頬骨の少し下の部分。上あごと下あごを結ぶ、噛むときに使う筋肉。

この二ヶ所を、頬の内側(口の中から)と外側から親指と人差し指ではさんで、揺らしながら30秒ほぐします。

硬い部分は筋肉が硬く動かしづらくなっているので、念入りにもみほぐすといいそうです。


私のモダイオラスと咬筋の部分、硬いし、もむと痛い。

やっぱり筋肉が硬くなっていました。

171027


巻末に載っている、12種類の顔別のトレーニングとメイク方法は試してみる価値ありです!




スポンサードリンク