私は妊娠前から3カ月に一度、定期的に歯医者さんに行ってメンテナンスをしてもらっていました。
メンテナンスの内容は、歯に異常がないかの確認と、歯石を取り除くなどのクリーニング。
妊娠中も妊娠していることを伝え、出産1カ月前までお世話になっていました。
多分、人一倍歯のお手入れに気を使っていたと思います。

そして産後半年ほど経ったころでしょうか、再び歯医者さんに行くと…

虫歯が3ヶ所もできていました!! 

もうびっくりです。 
いつも通り歯を磨いていたはずなのに、なぜ3ヶ所も短期間で虫歯になってしまったのか。
虫歯ができにくい体質だと勝手に思っていたので、
先生に「えっ!いつ?いつできたんですか?」 と
すごい勢いで聞いてしまいました。
(先生には無視されてしまいました…)

それから時間をかけて痛い痛い虫歯治療をおこない(この歯医者さん、虫歯治療のときには麻酔をしない方針だそうで…)、それからはより一層歯のお手入れに力が入っています。

171008_1

それにしても気になるのは、短期間で3ヶ所も虫歯ができてしまったということ。
産後は歯がボロボロになると聞いたことはあったけれど、なぜそうなるのかわからなかったので調べてみました。

NHKすくすく子育て_産後ママの体と心 トラブル解消BOOK によると、

・育児に忙しい毎日のため、十分な歯磨きができない場合がある。

・慣れない育児でストレスがたまり、唾液の分泌量が減る。
(細菌が増殖する)

・女性ホルモンが活発になる妊娠中は、歯周病にかかりやすい。
(歯周病菌の中には、女性ホルモンを利用して成長する菌もいる)

などが産後の口内環境が悪くなる原因だそうです。

わたし、普段通り歯みがきしていたつもりだったけれど不十分だったようです。

歯周病予防のポイント

毎食後歯を磨くのが理想ですが、子育て中のママは実行するのがなかなか難しいのが現状でしょう。
そこで、重点的に行いたいのが就寝前の歯磨き。就寝中は唾液の分泌量が少ないので、細菌が増殖しやすいのです。昼間は十分に歯磨きできなくても、就寝前は念入りに行うようにしてください。
さらに、歯と歯の間など、歯ブラシだけでは歯垢を取り除きにくい部分もあるので、「歯ブラシとデンタルフロス」の組み合わせを習慣にするとよいでしょう。

産後のお母さん、ただでさえ育児で大変なのに自分の歯のケアも怠れないなんて。
大変すぎる!

おすすめデンタルグッズ


ちなみに私が使っているデンタルグッズは、

コンクール ジェルコートF 90g(フッ素コート歯みがきジェル)



コンクールF(薬用マウスウォッシュ)




ライオン DENT.EX ウルトラフロス S10(デンタルフロス)



・歯ブラシはクリニカとDr.DenlistPROの二刀流!

です。

特にジェルコートFは優秀で、私が今まで使ってきたどの歯みがき粉より歯がつるつるするし、スッキリします。
ただ、あまり泡立たないので泡まみれで磨きたい人には物足りないかも。

妊娠中や産後のお母さん、おすすめですよ!


それから、出産祝いにもいいかもしれませんね。
もらったら嬉しい物なのか微妙な気がしますが、少なくとも私は嬉しいかな。
短時間でお手入れができる電動歯ブラシ薬用マウスウォッシュなどが喜ばれそう。


171008_2


↓ 私はもう産後じゃないけど、プレ更年期の項目は読み入ってしまった。


スポンサードリンク